ちーむぜろぼくらのうた

ちーむぜろ ぼくらのうた

team-0のふたりでつらつらと詩を書いています。たまに声に出して詠んでいただけたら嬉しいです☆彡

くものいと

 
ぼくはいま
 
あの かんだた という
 
じごくにおちたひとと おなじように
 
おしゃかさまからいただいた
 
ひとすじの くものいと という
 
ほんの
 
ほんの
 
ほんのわずかなのぞみを
 
つたっている
 
 
しかしながら
 
いまのぼくでは
 
じゅっちゅうはっく
 
がよくにおぼれて
 
この くものいとを のぼりきれない
 
 
 
いったい どうすれば
 
ごくらくへいけるのか
 
 
 
ぼくはかんがえる
 
 
 
 
そして
 
 
たどりついた
 
 
ひとつの こたえ
 
 
ひとかけらの かのうせい
 
 
 
 
ぼくは 
 
 
くものいとを 
 
 
みなにゆずる
 
 
 
まず 
 
じごくのみなに いとをゆずる
 
のぼりたいひと ぜんいん
 
さきにのぼらせる
 
 
 
それでも
 
 
きせきてきに
 
 
きせきてきに
 
 
きせきてきに
 
 
いとはきれず
 
 
さいごのさいごに
 
じぶんのばんが まわってきたとき
 
 
ぼくは いよいよ
 
すべてをかけて 
 
くものいとを のぼる
 
 
このよの せい の
 
すべてをかけて
 
じりきで のぼる
 
 
おしゃかさまが
 
てにあせにぎるような 
 
ないすふぁいとをみせる
 
べすとたいむだす
 
ゆうしょうねらう
 
 
 
これならば
 
もし いとがきれたとしても
 
くいなく じごくへ おちていける
 
 
 
ぼくは
 
ぼくじしんにたいして
 
なっとくのいく
 
れーすをしよう
 
 
 
そう
 
かみさまは
 
おしえてくれた