ちーむぜろぼくらのうた

ちーむぜろ ぼくらのうた

team-0のふたりでつらつらと詩を書いています。たまに声に出して詠んでいただけたら嬉しいです☆彡

絶浪人(ぜろうにん) 〜其の壱〜



きゃ



満月の夜に

一瞬だけ響いた悲鳴



さささささ



軒並みの間を駆け抜ける

わずかな小走りの音




てーへんだ〜


てーへんだ〜


だんごやのおじょうがさらわれた〜



夜半に騒ぐ町衆たち



口を塞がれ身動きがとれないお嬢


あっという間に橋の袂まできた



しかしながら


ぴた と 


人さらいたちが立ち止まる




見ると


橋の中央




月夜に照らされた


一人の侍らしき姿




ありけり