ちーむぜろぼくらのうた

ちーむぜろ ぼくらのうた

team-0のふたりでつらつらと詩を書いています。たまに声に出して詠んでいただけたら嬉しいです☆彡

カラフルレインボー・ストーリー

 
気がつくと
 
ぼくらは
 
どんな場面でも
 
白か黒かを
 
決めなければならないと
 
せまられて
 
 
 
実は
 
グレーゾーンばかりな
 
オトナの社会に
 
毎日毎秒
 
押し潰されそうになっていた
 
 
 
声にならない声が
 
世界中の心に響いていた
 
 
 
 
本当に
 
白か
 
黒なのか
 
 
 
はたまた
 
その間の灰色へと
 
濁っていく道しかないのか
 
 
 
宇宙にも
 
ホワイトホールと
 
ブラックホールがあるらしい
 
 
 
このまま
 
この身もろとろ
 
全部吸い込まれてしまうのだろうか
 
 
 
助けて
 
 
助けて
 
 
助けて
 
 
 
 
そんなぼくらを見かねた神様は
 
澱んだ空から
 
たくさんの雲をつくり
 
風をびゅーびゅーなびかせ
 
これでもか というくらい
 
ざーざー
 
雨を降らせた
 
 
みんなの涙も一緒に
 
全てを洗い流すかのように
 
 
 
そして
 
もう流すものはなくなり
 
雨を止めて
 
雲を引き払い
 
太陽で全てを照らして
 
光できらきら地球を輝かせた
 
 
 
そのとき
 
東の空に見えた
 
大きな大きな
 
二重にも三重にもなっていく
 
 
七色の
 
 
にじ
 
 
 
どんどん増えていく
 
 
 
 
みんなが手を合わせて喜んだ
 
 
 
うわあ
 
こんなきれいなものがあったんだね と
 
笑みを浮かべたこどもたちが
 
虹の橋へと
 
全速力で走っていく
 
 
オトナたちはみんな
 
危ないからやめてと叫び
 
止めようと必死になった
 
 
 
 
そうだ
 
 
 
 
いよいよ
 
自分の出番なんだ と
 
 
ぼくらは
 
思い切り声を震わせ
 
 
ありったけの勇気を振り絞って
 
 
あの橋へと続く
 
 
 
白でも
 
黒でもない
 
 
 
七色の道を
 
 
 
 
つくりはじめた