ちーむぜろぼくらのうた

ちーむぜろ ぼくらのうた

team-0のふたりでつらつらと詩を書いています。たまに声に出して詠んでいただけたら嬉しいです☆彡

じゅもん


起きた瞬間から刻みはじめる

時限爆弾の音


ゆっくりお茶なんて飲んでたら

即アウト


髪型ばっちりキメてても

即アウト


我慢できないトイレだけは

例外セーフ



限られた時間の中で

どれだけ無駄を省き



ぼくの未来がかかった

大一番



荷物をカバンに詰め込んで

玄関のドアを開けたなら

決戦の火蓋が切られる


運命を賭けて

苦楽を共にした相棒に乗り

最終レースがはじまった



しかし相棒の様子がおかしい


戦慄が走る



前衛のエアーが

残り20%


後衛のエアーが

まさかのゼロ


動揺は隠せない


エアーを貯める時間はない


覚悟を決める



こいつと一緒に心中する


 
回りはじめた二つの輪


ガタゴト揺れるいびつな動作



そういえば



ぼくもこいつと一緒じゃないか




ほとんどエアーが無いなかで


それでも走るしか


前に進むしか見えない景色


たどり着きたい歓喜の丘



信じて


ベストを出して


負けないで




最後まで唱えつづけるよ


魔法でもなんでもない



ぼくだけの呪文