ちーむぜろぼくらのうた

ちーむぜろ ぼくらのうた

team-0のふたりでつらつらと詩を書いています。たまに声に出して詠んでいただけたら嬉しいです☆彡

ガシマ・ラプソディー

西に浮かぶは 流刑の島

流れ流され ヴァガボンディング
浅いため息 長引く後悔
それすら捨てて 得られる航海
潮風浴びて深呼吸
自由を感じて目を閉じる

きっとそこに答えはない
むしろ増すかな問いストーリー
今日の私に笑えてくる
逃げて迷い込んだ 春の綿ガシマ

東に登るは お天道サマー
ゆらり揺らされ 馬鹿ボーディング
夢でもやってる空気の読み合い
現実(リアル)に見てきた値段の踏み哀
時間忘れて農作業
清水を与えて芽が伸びる

たぶんここに答えはない
気付いて奏でたラプソディー
「君の笑顔が全てでしょ」
言われて泣いた 秋の月ガシマ

ある人はこういいます
『このシマにはなにもない』
ある人はこういいます
『このシマにはすべてある』
人が島を選んでいるのか
島が人を選んでいるのか

明日死ぬなら何がしたい
二人で見つけた真冬の流星
狂詩(きょうし)ぬ唄をうたいましょう
生きてる気がした 君と佐渡ヶ島